Skin_Stretch-GameController-Provancher

何やら面白そうなコントローラを発見。

一見すると、ずんぐりむっくりで持ちにくそうなコントローラですが、
実はこれ、今までに無い試みが盛り込まれています。


それは、「指先への触覚フィードバック機能」


まずはこちらの動画をご覧ください



ボールが壁に反射した時や、戦車に撃たれた時など、
ゲーム内の挙動にあわせて、アナログスティック真ん中の、
赤い部分が動いているのが分かりますでしょうか。

今までのコントローラは、
これら挙動を「振動」だけで表現していましたが、
それに加えて、実際に指先へ触覚としてフィードバックすることで、
よりリアリティのある表現が可能になりそうですね。 


1997年。当時は画期的だったNINTENDO64振動パックの発売。
以来、すっかり振動はおなじみの機能となりましたが、
そろそろこれに変わるような技術が出てきても、良い頃ではないでしょうか。



ちなみにこの技術を開発したのは、
ユタ大学の「Haptics and Embedded Mechatronics Laboratory」です。

チームのWebページに行くと分かるのですが、この触覚フィードバックの技術を、
視覚や聴覚障がい者の方の役にたてられないかについても、
平行して研究を進めているようですね。

私はこういった試みが大好きです。 
これからの展開に期待しています。



ソース(ユタ大学 研究チームのWebページ)
「Fingertip skin stretch feedback (shear feedback) for communicating direction cues」
http://heml.eng.utah.edu/index.php/Haptics/ShearFeedback